任意継続被保険者制度

2年間の継続加入

この制度は、退職などによって被保険者の資格を失った場合にも、条件を満たせば希望により2年間継続して被保険者となれる制度です。

任意継続被保険者になることができる条件は次の2つです。

  1. 退職日までに継続して2ヵ月以上の被保険者期間がある。
  2. 資格喪失日から20日以内に健康保険組合へ加入手続きを済ませる。

加入申請は資格喪失日から20日以内に健康保険組合に対して行います。加入されますと、新たに保険証が交付されます。保険証の記号・番号が変わっていますので医療機関の受付に新しい保険証の提示を忘れないでください。

保険料は全額自己負担(今までの本人分+会社負担分を加算した額)

保険料を決めるもととなる標準報酬月額は、本人の退職時か、その健康保険組合の標準報酬月額の平均額いずれか低いほうとなります。

保険料額 退職時の標準報酬月額×保険料率 <保険料額の試算はこちら

退職時の標準報酬月額が53万円を超えていた場合は、標準報酬月額は53万円として計算します(平成30年度)

平成30年度の保険料率は1000分の90(ただし40~64歳の方は介護保険料含んだ1000分の103)です。

事業主負担を含め全額自己負担です。

保険料は2年間継続しますが、当組合平均の保険料が変更になった場合や、保険料率が変更された場合は、保険料も変わります。

国民健康保険と違い、任意継続では退職後に被保険者の収入が減ってもそれによって保険料が変更されることはありません。

保険料納付期限 その月の10日(金融機関休業日の場合は翌営業日)
保険料納付方法 口座振替の方:前月の23日に口座振替(金融機関休業日の場合は翌営業日)
お振込みの方:当組合が送付する納付書に基づき納付期限内にお振込み

保険料は前納することもできます。

保険給付・保健事業 従来とおり適用

会社と雇用関係のない方は診療所を利用できません。

資格がなくなるとき
(被扶養者も資格喪失になります)

・任意継続被保険者の資格期間(2年間)が満了したとき

・再就職をして、その会社の健康保険被保険者となったとき

・保険料を納付期限までに納付しなかったとき

・被保険者が死亡したとき

・後期高齢者医療制度の該当となったとき(75歳)

上記以外の理由、例えば、国民健康保険に切り替えたい、家族の被扶養者になりたいといった理由では、資格を喪失することができません。

申請書類はこちら
  • 任意継続被保険者 資格取得申請書
     
    書類