家族を扶養に入れるとき・外すとき

家族を扶養に入れるとき

被扶養者として認定されるためには、一定の条件が必要となります。
詳しくは、被扶養者になれる人の範囲をご覧ください。
事実発生日から1ヶ月以内の受付(健保到着日)で、その事実が書面等で確認できる場合は、事実発生日が認定日なりますが、それ以降に届け出られた場合は、原則受付日が認定日となります。ご注意ください。

扶養をはじめた日について

結婚して入籍したとき 入籍日
子どもが生まれたとき 出生日
家族が仕事をやめたとき 失業給付を受給される場合はこちら
妻が離職したとき 離職日の翌日
失業給付の受給を終了したとき 雇用保険受給資格証に記載された支給期間の最終日の翌日

失業給付受給を開始したら減員手続きをして下さい(日額3,612円以上の場合)

申請書類はこちら
  • 被扶養者異動届【在職者用】
     
    書類
    被扶養者異動届【任継・特例退職者用】
     
    書類
    被扶養者状況届
     
    書類
    扶養事情書
     
    書類
    誓約書
     
    書類
書類提出上の注意

A4用紙で全てのページをプリントアウトして使用してください。

プリントアウト後、必ず自筆署名・捺印の上提出してください。

書類は会社の健保担当者に提出してください。

任意継続・特例退職の方は健保組合に提出してください。

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe(R) Readerが必要です。
お持ちでない場合は左のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

家族を扶養から外すとき

事実があった日から5日以内にご提出ください。
事実発生日から3ヶ月以上経過しての申請は遅延理由書が必要です。

扶養しなくなった日について

被扶養者の就職 就職した日(4月1日入社の場合は4月1日)
被扶養者の死亡 死亡日の翌日
被扶養者の結婚 婚姻日
扶養家族の妻と離婚したとき 離婚日
被扶養者が75歳になった 75歳の誕生日
失業保険の受給を開始した(日額3,612円以上) 雇用保険受給資格者証に記載された給付制限期間(給付制限期間がない場合は待期期間)満了日の翌日
勤務先の契約等が変更になり、基準月額以上となった(60歳未満108,334円、60歳以上等15万円) 契約変更日
毎月の収入は変動するが、年間収入が基準額以上となる場合 1月から累計し、超えた月の1日
自営業などで年に1度の確定申告でしか収入がわからず、いつから基準額を超えたか不明な場合 収入が超えた年の1月1日。仕事を始めた日が明確な場合や、この月から収入が増えたと証明できる場合は、その時点で減員
年金の受給を開始したとき(収入の基準額を超えた場合) 支給開始年月の1日から
申請書類はこちら
  • 被扶養者異動届【在職者用】
     
    書類
    被扶養者異動届【任継・特例退職者用】
     
    書類
    証明書発行願
     
    書類
    遅延理由書
     
    書類
書類提出上の注意

A4用紙で全てのページをプリントアウトして使用してください。

プリントアウト後、必ず自筆署名・捺印の上提出してください。

書類は会社の健保担当者に提出してください。

任意継続・特例退職の方は健保組合に提出してください。

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe(R) Readerが必要です。
お持ちでない場合は左のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。